無料サイトと有料サイトでのサクラの違い出会い系サイトは、無料サイトと有料サイトに大きく大別することが出来ます。こういった場合、どちらにも雇っているサクラが存在しているのですが、無料サイトのサクラと有料サイトのサクラは、どう違うのかという疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

実はこの違いを把握しておくことは非常に大事なのです。無料サイトなら料金は掛からないし、問題ないだろうと思っている方も多いようですが、実際には、無料サイトのサクラの方が厄介なのです。

無料と有料の違い

無料サイトと有料サイトの違いをまずは把握しておきましょう。無料サイトはその名の通り、サイトを利用するのに、料金が掛かることはありません。有料サイトは、アクションを起こすたびに料金が発生します。

ただしユーザーから料金を徴収していないこともあり、広告を打つことが不可能に近いことが影響をして、一般女性ユーザーの登録者数が圧倒的に少ないのが無料サイトです。他にも、ランニングコストも十分に掛けられないことから、掲示板とメール送受信といった必要最低限の機能しか有していないことが多く、有料サイトのようにゲームコンテンツなど、他にも楽しめる機能を有していることはほぼないのです。

こういったことを考えた場合、無料サイトにサクラを配置しても、全く意味がないと思われがちです。しかしながら、これが大きな間違いなのです。無料サイトを活性化させることによって、まず男性会員を留める効果もありますが、無料サイトの運営会社は、大抵の場合、有料サイトを有していることが多いのです。

有料サイトに同時登録させる

人間はタダという言葉に弱いですよね。そのタダという餌に釣られて無料サイトに登録をすると、同じ会社が運営している有料サイトに同時登録をする。
その上で厄介なのは、無料サイトと同じような作りの有料サイト。更にURLも同じようなものを使ってアプローチをかけてくるものだから、判断することが出来ず、有料サイトを思わず使ってしまう。そこで利益を生じさせるといったものです。

他にも無料サイトでサクラを派手に動かすことによって、無料サイトでは出会えないというイメージを植え付ける。そしてタイムラグを作って、有料サイトからサクラを使ってメールを送らせることで、劣悪なサイトでもイメージを良く出来るという効果があります。

無料サイトそのものには、サクラは存在していない確率が高いですが、活性化のために、時折一斉送信などをしてユーザーに刺激を与える役割を担っていることが多いです。また、サクラはいないにしても、多くの業者が集まってしまっているという特徴があるのです。

美人局や援デリ業者。アドレス回収業者や誘導業者など、ある意味でサクラよりも厄介とされている業者が登録していることが多いですから、無料サイトの方が危険だという評判が高まっているのです。悪質なサイトの場合、有料であろうと無料であろうと、サクラは存在しているというのは忘れないようにしましょう。