出会い系サイトで目的を果たすためには、良質なサイトに登録をする必要があります。逆に悪質な出会い系サイトに登録をしてしまった場合には、様々なトラブルに巻き込まれることになるのです。

最初に気をつけていても、やはり未経験者の多くは、悪質サイトの巧妙な手口に騙され、登録をしてしまう可能性も少なくありません。ここでは悪質出会い系サイトに登録をした時の解決方法について紹介していきましょう。

悪質サイトに登録をしてしまうと‥

悪質と呼ばれる出会い系サイトに登録をしてしまうと、これでもかというくらいに様々なトラブルに巻き込まれます。まずはサクラ被害ですね。実際に会うことはできず、サイトの利用料金だけをただただ支払わせられるといった事態が起こります。

更に美人局トラブルや、架空請求。詐欺被害や傷害事件、ストーカー被害など、様々な被害を被ることになるのです。悪質サイトは、様々な犯罪者集団の巣窟になっていることが多いです。

騙されたという人間がいれば、それによってたかって様々な犯罪者集団がカモとして目をつけることになりますから、負のスパイラルに巻き込まれる可能性が高くなるのです。

悪質出会い系サイトとは

悪質出会い系サイトの定義とは、どういったものなのでしょうか。ぶっちゃけて言ってしまうと、サクラがいるいないというのは別にして、出会い系サイトと謳っている以上、実際に出会いが実現出来ないサイトは、悪質と判断して良いと思います。

出会いの場を提供し、出会いを実現させてあげられるから、そういったサービスを生業にし、料金を徴収しているわけです。ですから、最低限の目的である出会いが実現出来ないサイトは、全て悪質と判断すべきなのです。

登録して利用をしても出会いが一つも実現出来ないという出会い系サイトならば、インターネット上の口コミや比較サイトでいくら良質と評価されていたとしても、あなたにとっては悪質サイト以外の何物でもないのです。こういったことを前提に判別していきましょう。

相手の要求には応じない

もしも悪質出会い系サイトに登録してしまった場合には、どういったアクションを起こせばいいのでしょうか。はっきり言ってしまうと、無視するのが一番です。つまりは、何もしないことです。

電話が掛かってきて恐喝されたり、架空請求の書面などが送られてきても、焦らずに対処をしましょう。裁判所などの勧告の場合には、面倒臭がらず対処をすることが必要ですが、電話やDM、メールといったもので、請求をしてくるくらいなら無視しても問題ありません。

それでも面倒だという場合には、電話番号やメールアドレスを変えてしまいましょう。恐怖心に駆られて、相手の言いなりになるのは辞めておきましょう。とにかく裁判所などの法的機関などが動き出したのであればともかく、それ以外のものであれば無視を決め込むのが一番です。
ムキになって相手をすればするほどに、労力の無駄になることはありません。