出会い系で詐欺にあったら出会い系サイトを利用していると、特にまだまだ利用歴が浅い、初心者の状態の時には、劣悪サイトなどに登録をしてしまい、詐欺まがいの被害を被ってしまうなんてことも珍しくありません。

出会い系サイトにまつわるトラブルにもしも遭ってしまったらどういったアクションを取るべきなのかを知らない方も多いことでしょう。ここでは出会い系サイトにおいてよくあるトラブルと、それに遭ってしまった時の対処法紹介していきましょう。

無料だと思ったのに有料サイトだった

無料と謳っているサイトを利用したのですが、知らない内に有料サイトに登録をさせられており、後から利用料の請求が来たのですが、どうすればいいでしょうか?こういった質問はよくQ&Aコンテンツなどで見かけますね。

劣悪サイトの典型的な手法である同時登録というものです。まずは利用規約を読んでいなかった自分のワキの甘さが問題ですが、サイトのデザインやURLも似たようなものを使ってくる巧妙な手口なため、経験値が少ない初心者が見抜くことはなかなかに難しいものです。

基本的に出会い系サイト規制法に触れるような行為になりますから、無視をして料金を支払わないというのが一番でしょう。それでも不安な方は、消費者センターに相談をしてみるのが良いでしょう。局番なしで188とダイヤルすれば、全国どこからでも利用出来ます。
出会い系サイトに関する法律についてはこちらでもまとめていますので気になる方はどうぞ!

詐欺事件だと警察に駆け込むことを考える方も多いのですが、かなりの被害届などが集まっていない限り、日本の警察は法律上、積極的にはアクションを起こしてはくれません。また刑事事件に発展すると、その情報が世間に広まり、出会い系サイトを使っていた事実がバレたりして、気まずい思いをすることも多いです。

ですから、あまり有名ではない消費者センターに相談をして解決に導くのがベターなのです。

インターネットで詐欺被害に遭ったら

前述のものとの似ていますが、出会い系サイトでのサクラ被害のみならず、オークション詐欺や通販詐欺といったトラブルもインターネット上のトラブルとしては有名です。

中でも、「約束してもいつもすっぽかされっぱなしで、ポイントだけが消費していく。これって詐欺じゃないんですか?」なんて質問。これは典型的なサクラの詐欺。似たようなものだと、退会しようとしたら退会ボタンが見つからず、サポートセンターに伝えたら、退会費用を要求されてしまったけれど、これは払わないとダメなのかといった相談です。

インターネットの普及により、これらの相談が多く寄せられており、社会問題になっていることから、インターネット関連の悩みを専門に扱った法律センターなども続々と誕生しています。

いわゆる弁護士事務所の一種ですが、初期費用となる相談料や着手金。他にも実際の調査費などが無料といった所が多く、成功報酬のみのスタイルを取っているところも多いので、こういったものを利用することも一つの方法です。探すと沢山の選択肢があることに気が付きますから、自分のベストな方法を取っていきましょう。